サービス一覧

「人形流しで身も心も清めましょう」

人形流しというものをご存知ですか?
人形流しというのは人形に切られたものや車形にかたどられたものに、名前や住所を書き入れ、清流に流していく日本各地の神社で行われている有名な行事の一つです。

この形を流す理由としては、人が生活していく上で、知らず知らずのうちに犯した罪や積もり積もった心身のけがれを取り除く儀式です。

この罪というのは意識的に行っているものでなくても、人は生きるために毎日動物や魚の命を頂き生活しています。また蚊など生活をする上で殺めることもあるでしょう。食べるためや生きていくためには仕方がない事なのですが、これにより人は少しずつ穢れてしまっているという考えなのです。

主な方法としては人形に息を3回吹きかけて、そしてそれを自分の体になでつけ、「祓えたまえ、清めたまえ」と唱え、その後川に流すのです。

神社ではこの儀式を行っている所も多く、多くの人が厄除けなどで行う事が多いです。
こちらではこの神社と同様の人形流しも行っていますので、厄除けなどで行いたい場合や、少し嫌なことが続いているなと感じた場合、その他にも恋愛がうまくいかない、仕事仲間などとそりが合わず職場の雰囲気が悪いと感じた時には身を清めるつもりで行ってみてはいかがでしょうか?

そうすることで気持ちの整理もつきますし、身も心も清められたように感じ、新たな気持ちで人と接することができるようになるかもしれません。

こうしたことはあくまでもまやかしだと捉え信じない方もいるかもしれません。
ですがこの方法によって昔から身を清め、身体を守ってきた人達がおり、それが言い伝えられ今にも続いている作法でもありますので、歴史あるものということを思えば信じることもできるのではないでしょうか。

なによりこういった事を行う時は信仰する気持ちが大切です。不安な気持ちで行っても効果はもちろん得られません。
ですから心から清める効果があるものだと信じ、人形流しを行ってみたらいいと思います。